お客様とは

接客と丁寧な言葉遣い

それから、「恐れ入ります」などお客様に一声かける場合もある。お客様からすれば、誰であっても「店員は店員」だ。そこに「新人」も「プロ」も、お客様には関係ありません。だから、店員側がしどろもどろに対応すると、「この人で大丈夫かしら」と相手のお客様を不安にさせたり、不快にさせてしまうかもしれません。では、どうするべきなのか?実は、この時でもどの時でも、相手のお客様に「プロの店員の台詞」っぽく聞こえるコツがある。それが、「滑らかに言う」ことである。言葉を噛んでしまったり黙ってしまったり、そうした失敗を糧に身につけましたが、店員側が「私ちゃんとわかっています」という雰囲気を醸し出すことがとても大事なのだ。

風俗バイトの仕事が意外と楽しい

風俗バイトの業務は、お店の種類にもよりさまざまである。店舗型の風俗ではお客さんが来るのを待って来たらサービスを提供するし、デリヘルなどの無店舗型では自らが出向き接客をしている。一方で、チャットレディなどのオンラインを通じたサービスでは直接接することなくメールや動画音声のみでの接客となる。風俗業界では人間の本質の部分に触れるため客層も様々です。お客さんの趣向やフェチなど普段の生活では経験できないことを経験できたりと間違いなく刺激的な仕事となることでしょう。興味があったらこの世界も覗いてみてもいいかもしれません。


川崎のソープは接客が素晴らしい。

やったことが無いことと、しごとと、

青果業務は、焼き芋を焼いたり、みかんの季節になれば箱売りもあるので、お客様からみかんの箱売りを希望されたら、傷んだみかんがないかチェックすることだってある。さて、研修や初めての業務を終えたとして、どうでしたか?きっとお疲れでしょう。でも、バイトは派遣などを除いて、シフトに入れば連続勤務をすることもある。まだまだ、第一歩。それでも偉大な一歩を踏み出した読者様。今日はお疲れ様。でも、遠足は帰りも遠足。お店を出るまでは、きちんと周囲にお世話になったことへの感謝を伝えましょう。原稿用紙何枚もの長文でなくても大丈夫。「ありがとうございました」の一言だけで、先輩たちや同時期に入ったバイト仲間に伝わるからだ。

優しい店長とバイトの先輩たち

わたしも初めての業務を終えた時は、もうくたくただった。その時、違う課の課長から、「疲れた?」と聞かれて、恥ずかしいと思いつつ「はい、疲れました」と返すと、「それはちゃんと仕事をした証拠だよ。お疲れ」と言われた。また明日も頑張ろうと、わたしは疲れが吹っ飛ぶくらい嬉しかったです)ちょっと一休みここまでお付き合いをしてくださった読者様、本当にありがとうございます。ここで、もうひと休みをしてから、今度は「バイトでの失敗談」をお話しようと思う。なので、またわたしの体験したプチ笑い話を聞いて、くすっと笑っていただけたら嬉しい。あれは、とある居酒屋で皿洗いのバイトをしていた時のこと。皿は、お店で使用する大事な備品です。