バイトでの失敗

地味な仕事が役に立った出来事

ある時、こんなことが起こった。「〇〇商品は、どこですか?」お客様から、商品の置き場所について訊かれました。しかし、わたしはその商品の置き場所を知りません。「少々お待ちください。ただいま確認して参ります」わたしはそのまま、「商品のこと」で頭をいっぱいにして、店のバックヤードに下がって課長に確認しにいきました。課長から置き場所を伺い、店内に戻った時でした。ん?先ほどのお客様がいらっしゃらない?何人かのお客様とすれ違いながら、わたしは、商品を探していたお客様を探しましたが、見つけられませんでした。しかし、そのまま何事もなかったかのようなこともできず、うろうろ。すると、何人かすれ違ったお客様の中の一人が、わたしに声をかけました。「確認はまだですか?」そこで、わたしは、そのお客様こそ、さっき声をかけてきた人だと気づきました。

お客様に教えられること

わたしは結果的に、すれ違ったことで、お客様を無視したことになったのだ。「もういいです」そのお客様は、それを最後に足早にお店から出て行ってしまいました。すぐに、わたしは何がいけなかったのかがわかりました。わたしは、「訊かれた商品のこと」だけで頭がいっぱいになり、「お客様の特徴」を覚えていなかったのです。特徴とは、つまり「顔立ち」や「服装」のことで、そのため、お客様を見つけることができなかったのだ。これは、いくら一つの商品の売買が不成立となったとしても、「お店への損害」には違いありません。例えそれが10円だったとしても、それが山となれば、塵だって馬鹿にはできない。大きくても小さくても同じことなのです。

初めてのバイトの失敗談

バイトでの失敗談。また、お客様でなくても、こんな事例がある。わたしは働き始めの頃、もう小さくはないとはいえまだ子供のうちでした。始めに話した通り、高校二年生の時のことです。十分に気をつけてはいたつもりですが、ある時、店長から言われました。「言葉遣いが失礼だ」何がそうなって言われたのか、その時はまだわかっていませんでした。しかし店長から見て、当時のわたしの言動は幼稚で、とても一人前の店員とは思えないほどの未熟だったらしい。家に帰ってから、わたしは結構、泣いた。怒られて泣いたのではなく、あまりにも恥ずかしくて、今までの行動に嘆いて泣いた。お客様に嫌われれば、店は終わる。でも、先輩たちなどの仲間たちに嫌われれば、その店の「仲間」という輪に入れずに終わります。

バイト仲間と一緒に働く

わたしは危うく、その輪からはみ出そうとしていたところを店長から咎められたのだった。社会という大嵐に出会い、わたしの小船は大きく転覆した。随分と前の話になりますが、わたしは以前、「バイト一年生はまず『信頼』を勝ち取らなければならない」という趣旨の話をしましたね。しかし、同時に、「信頼は一度崩れると大変脆い」とも話しました。「構築」と「崩壊」は表裏一体だということなのだ。余談ですが、怒られたわたしは、それでも次の出勤日にはお店に出ました。すると、店長が言った。「偉い偉い、怒られてもちゃんと店に出てる」今までわたしは、いろんな仕事先でいろんな方と出会いました。中には、連絡もなしにいきなり出勤しない(いわゆるドタキャンの)人もいた。

バイトでの経験

バイトでいつも失敗を繰り返してしまう。

居酒屋で皿洗いのバイトでは一枚でも皿を割ると、微々たるものでもお店の負担になる。そう、人間において「絶対」とか「100パーセント」とかは実在しませんが、「絶対」に割ってしまうことを避けなければいけません。(もちろん、割ってしまってもきちんと謝罪すれば許してもらえる場合が多いですが、油断や甘えは禁物です)仕事は自分で選んだし、別にお店側がきつく叱ることもなかった。時には先輩の方々から「大丈夫、大丈夫」と声をかけてくださる場合もあったし、何より、あの居酒屋は今でも働きやすかったと思う。しかし、「割ってはいけない」というプレッシャーには、毎回苦しんだ。多分、その心理的な重みもあったせいでしょう。

皿洗いのバイトと高校生活

皿洗いのバイトが終わり帰宅して就寝すると、高い確率で、夢の中でも皿洗いをしていた。毎度、洗っても洗っても皿洗いが終わらない夢を見ていた。寝てはいるんですがいつも疲れる夢だったのは、今でも良く覚えている。わたしはそこまで真面目ではないんですがね。やっぱり考えすぎたりするとどうなるかを知った気がした。また、社会的常識がなかったことを自覚した瞬間もありました。あれは、先ほど例に挙げた、某スーパーで働いていた高校生の頃。わたしはひたすら働いていましたが、「有給」を取ることは最後までなかった。先輩方が「有給取った?」「有給、使っちゃった」などという話をしている横で「あー、有給かあ」とのんびりと考えていた。

高校最後のバイト

そして高校三年生の一月頃かその少し前のことだ。学費も貯まり、志望し合格した大学が遠いため、お店側に「高校卒業したら辞めます」と話をしました。お店側もそれを受諾してくれて、円満退職をすることが決まる。「で、有給はどうするんだ?」課長から、今まで消費していなかった「有給」について訊かれた。「せっかく働いたんだし、所属は二月の末までで、有給を使えばもう一か月分のお金は出るぞ」一度も「有給」を使わなかったために、二年分たまっていたんですが、ここでわたしは違和感を覚える。..お金?「え?有給って、お金にならないんじゃないんですか?」「おい、有給はお金出るぞ?」なんと、筆者は、「有給」を「有る休み=確実に取れる休み(無給で休みだけ)」だと勘違いしていたのだ!

有給を初めて使った

わたしは有給について知らなかった。「え?有給ってお金出るんですか!」「何言ってんだ?」ある意味、最後に課長をびっくりさせた瞬間だったことは、言わずとも知れたことだろう。バイトでの失敗談さてさて、嘘ではなく、がちでお馬鹿なわたしの話も終わりました。ここでは主にわたしが、今でこそちゃんとわかっているが当時はやってしまった失敗を例に出して、これからあるであろう「仕事上での事故」の予防策を練りたいと思う。もちろん、これらだけ注意していなければいけないわけではないので、大事なのは「失敗時にどう対処できるか」ということの、言わばシミュレーションをしたい。これらのわたしの犠牲も、読者様の血となり骨となることを願って。

風俗バイトを楽しく

働くを選ぶ

例えば、キャバクラの仕事に興味があったので、応募して実際に働いてみた。でも、全然楽しくなかった。だから次に行く。ただそれだけのこと(倫理的な問題とか会社の立場とかは除いて)。この仕事をしなくても生きていけるので、嫌な職場、つまらない職場はやめていい。私はそれくらい仕事をに始めライトて、ライトに辞めていいと思っている。どんなこともやってみなければわからないのだからだ。例えば、スキーをやったことがなければスキーの楽しさはわからないのとおなじだ。例えば、スキーをしてみたくてスキー場で働いてみた。スゴく楽しくて、その翌年にはインストラクターになってしまった。こんなこともあるのだ。そういう可能性を人それぞれ持ち合わせていて、自分のやりたいことはどんどんスピーディーにやっていった方がいいのだと思う。

風俗バイトを離職するときは

ただ、簡単に離職した場合、「働いた分の給与はきちんと支給されるのか」という疑問。これはよくある疑問だが、結論から言うと「もらえる」働いた分の給料はどんなことがあろうとも払われなければならない。なぜなら、「労働基準法」という日本の法律で正式に決められているからだ。払ってもらえなかったら法律違反になるのだ。もし払ってもらえなかったら、近くの労働組合に相談するといい。先ほども記述したとおり、連絡なしの途中退職(バックレ)は会社によっては賃金カット、給料を取りに行かなきゃならないこともあるので、詳しくは契約時にもらう自分の「労働条件通知書」などを確認するのがいいだろう。次は、風俗の仕事経験者が語る!知らないと損をする豆知識、派遣先選びの基準、地雷キーワードとはを見ていこう。

給与の金額交渉をしてみよう!

複数のバイト先に所属のメリットはある。バイト先は一緒でも会社ごとに時給が異なることも多いので。その時に「他の会社の方が時給が高いので、そっちで行こうと思ってる」と時給が低い会社に言うと時給を上げてもらえることがある。給与交渉ができるのだ。なので、時給交渉は必ずしよう。私は時給交渉をして時給を最高円上げてもらったことがある。例えば英語や中国語など、他の言語を話すことができれば、時給が上がることも多い。時給が違えば、月2万円くらい違うので、ダメ元で交渉してみることをオススメする。また、複数登録は強制退職(自己都合で辞める)した際のバックアップにもなる。自己都合で辞めた場合、その派遣会社からは仕事を紹介してもらえないことが多いので、他の派遣会社を使って次の風俗の仕事に行こう!

どんなバイト先がいいの?

私が1年間風俗の仕事をやってきた実感として、風俗の仕事スタッフを多く募集している場所はハズレが少ない。逆に私が風俗の仕事をはじめて間もない頃、少人数の方がアットホームな感じで働きやすいのかなと思い、小さな旅館で働いたこともあるが、人間関係も悪く全然、楽しくなかった。少人数なので一人あたりの仕事量が多いし、本当に幅広い業務をこなすことになる。こういうのが好きな人はいいかもしれないが、私には向いていなかった。少人数でやっているところは、当たれば楽しいが、ハズレの確率も高く、ハイリスク・ハイリターン。大人数いるところは、ハズレの確率が低く、ローリスク・ローリターンとでも言えばいいだろうか。なので、初めて風俗の仕事をするという人には、なるべくスタッフを多く募集している案件から風俗の仕事をはじめることをオススメしたい。

バイトでの失敗から学んだ

社会人として働くこと

多分、店長もそういうケースに遭った人なんでしょう。今思えば、だからこういう台詞を述べたんだなと。前述で、「しかし、信頼という土台がなければ、『この人に仕事をお願いしてみてもいいかな?』という期待も生まれないのだ」と話しました。「『構築』と「『崩壊』は表裏一体だということなのです」という話もしました。社会とは、つまりそういうものなのだ。今でも、店長の言葉は胸に残っている。また、こんな話もある。いろんなお店で働いた経験がありますが、やはりここで重要なものは「メモ」だ。メモには、いろんなことが書かれていて、それはまさに「マル秘ノート」とでもいうべきしょう。ある時、スーパーで働いていた時に、課長から指示を多く出された。

バイトある日の事件

その日は大売出しのセールの日だったので、店員はみんな大忙しだった。わたしは店長に言われたそれらをメモしました。しかし、その時、自分がしていた作業を中断すべきか考えました。慌てたわたしは、もたもたしてしまい、今までしていた作業を中途半端にして指示に従おうとしてしまいました。それも大慌てで、ちょっとパニックしていたんでしょう。言われた仕事の順番を、でたらめな順番で行いました。もちろん、わざとではない。ただ、仕事を全うする責任を感じ始めていた頃だったので、「なんとかしないと!」と焦ってしまったのだ。その結果、課長は効率よく仕事の順番を決めていたのに、それをわたしが守らなかったため、店内はある意味混乱しました。

仕事で学べる事

商品が出ていない、片づけられていない、値段が見切られていないなど、課長に大迷惑をかけてしまったのです。もちろん、最後には全ての作業が終わりましたし、その日もちゃんと仕事を終了して帰ることができました。ですが、「がっかりだよ」課長のその一言に、わたしはとても悔しい思いをしたのを、今でも覚えている。せっかくその日まで積み上げてきた「信頼」を崩してしまったからだ。がっかりだよ一課長だって、そんな言葉を言いたくなかったはず。それを言わせてしまったわたしの過失だ。上司や先輩というのは、わたしのような後輩にも仕事がしやすいように考えてくれているものだ(よっぽど仲が悪くなければ)。だから、指示の順番を勝手に変えたりするのは、その人の考えを否定するようなものである。今でもわたしは何かしらメモをつける習慣がありますが、この件は今でも忘れられません。

バイトでの失敗も役に立つ

レジ締めで失敗したこと。レジで割引ミスをしたこと。掃除に無駄な時間をかけたこと。お客様に大事な説明がきちんとできずに、怒らせてしまったこと。お客様の足に台車をぶつけてしまったこと。持ってくる鍵を間違え、先輩に迷惑をかけたこと。つまらない理由で店を辞めてしまったこと。仕事を時間がないという理由で押しつけてしまったこと......わたしは、数えきれないほどの失敗失敗を何度もしてきました。それでも、作業をちゃんと終わらせたりして、先輩たちとも信頼を築き、「仕事」という戦場を馬で駆け抜け切ったことは、確かなこと。そうした成功と失敗を、わたしは「実績」と呼ぶ。そう、実績こそが全てなのだ。だから、ここまでお付き合いしてくださったみなさまにも、声を大にして言わせていただきます。「学問に王道なし」ならぬ、「実績には王道なし」であることを。